安いと人気の引越し業者への依頼と同時にすべき手続き

安い引越し業者に依頼をしたら手続きも!~忘れがちな3つの手続き~

忘れてしまいがちと言われている手続き内容

引越しした事がある人の多くが、下記で紹介している3つの手続きをやり忘れてしまい、慌てた経験があると言われています。安い業者に頼んでスムーズに引越しを進めるためにも、これから引越し作業をする人は確認しておきましょう。

引越しするときに忘れがちな手続きベスト3

ダンボール
no.1

郵便局への転送届け

引越しをする人が忘れがちな手続き内容は、郵便局への転送手続きと言われています。新しい住所をまだ覚えていないという理由で後回しにしてしまい、忘れてしまうのでしょう。

no.2

銀行

引越しをしたら、口座を持っている人も新しい住所に変更する必要があると言われています。しかし、窓口で手続きをする必要があるため、後回しにしてしまう人が多く二番目に多い手続き忘れの内容と言われているのです。

no.3

衛生放送

衛生放送を利用している人は、衛生放送の手続きをうっかり忘れてしまう事があります。引越し作業でテレビを見る時間がないという人が増えるため、落ち着いた頃に発覚し慌てて手続きをする人は少なくありません。

安いと人気の引越し業者への依頼と同時にすべき手続き

荷物整理

1ヶ月前にチェックすること

引越しをすることが決まると、荷造りにばかり集中しがちですが、必要な手続きはたくさんあるので、一つ一つ時期を見極めて消化しておくことです。例えば、引越し1ヶ月前には
・学校への転校や転入の連絡
・引越し業者の予約
・電話会社への連絡
・役所への手続き
などを行ないましょう。学校への手続きや引越し業者の予約には時間がかかってしまう事もあるため早めに行動しておいた方が良いと言われています。

電卓

1週間前にチェックすること

引越しの一週間前になったら、ガスや電気・水道や郵便局・銀行などで手続きを行ないましょう。神戸での新しい住所が記載されている免許証などが必要になる場合もあるため、事前に電話をして必要なものを確認してから窓口に言った方が良いとされています。

引越し

引越し後にチェックすること

引越しが完了したら、終わりと思っている方もいるかもしれません。しかし、まだまだやることは残っています。引越し後は、転入届や運転免許証の住所変更などを行ないましょう。転入届は、転入日から14日以内という指定があるため期日を守って訪れるようにしてください。

手続きが必要なもの

  • 学校
  • 電話
  • インターネット
  • 役所
  • 郵便局
  • 銀行
  • ガス
  • 水道
  • 電気
  • 新聞