引越し時の荷造りに悩んでいる人必見!安い業者でも安心な荷造り方法

安い引越し業者の予約をしたら荷造りを始めよう!

どんな風に荷造りすれば良いの・・・?

荷造りの方法に悩んでいるという人は、種類別に荷造りの方法を調べてみましょう。そうすれば、引越し当日も余裕で間に合うはずです。

荷造りのコツとは?物別に見るポイント

作業員

書籍類

書籍類をまとめるときは、大きな箱に詰めるのではなく小さめの箱に詰めるようにしましょう。大きな箱に詰めてしまうと、重くなり過ぎて持てなくなってしまいます。

パソコンなどの電化製品

パソコンなどの精密機械類は、購入時に入っていた専用の箱などに入れておきましょう。

机や本棚

引き出しの中や、本棚の中の物は全てだし空にした状態でおいておきましょう。

ケース類

ケース類はまとめて紐で縛っておくか、ビニールに入る物はまとめて入れておきましょう。

食器類

食器類などの割れ物は大きさを揃えて、重ねておきましょう。重ねるときに布や新聞紙を間に挟むとガチャガチャとした音がなりにくくなります。

引越し時の荷造りに悩んでいる人必見!安い業者でも安心な荷造り方法

荷物

種類を分けて荷造りする

神戸の安い引越し業者に依頼をしたら、荷造りは自分でするのが基本です。そのため、普段から使っている物と使っていない物とを分け、使っていない物から順に荷造りしていきましょう。使わない物を先にまとめておくことで、後の作業が楽になります。

女性

箱にはしっかり名前を書く

荷造りをしたときに忘れてはいけないのが、荷物を詰めたダンボールに入れた物の名称を書いておくことです。名称を書き忘れてしまうと、1つひとつ中を開けて確認しないと分からなくなってしまうため手間が生じます。

ダンボール

使っていない物は思いきって処分しよう

なるべく安い価格に抑えるなら、引越し時の荷物は減らすようにしましょう。使っていない物は思い切って捨ててみると、荷物の整理整頓にもなります。

引越しの荷物は増やさない!

安い価格で引越し作業を依頼したいという人は、荷物を増やさないようになるべく使っていない物などは捨てるようにしましょう。増やしてしまうと、料金がプラスされてしまう可能性があります。