ひかり電話やレンタル携帯を使う~通信業界の未来~

男性

電話の仕組みと歴史

電話のための三種類の回線

電話

重要なライフラインの一つである電話は、電話回線無くして成り立ちません。そんな電話回線ですが、大きくわけて、三種類に分類することができます。 まず一つ目は、アナログ回線です。音声を直接銅線に伝えます。 二つ目のデジタル回線は、使用する回線はアナログ回線と同じ銅線ですが、音声の伝え方が違います。音声をデジタル信号に変換した後に伝えます。デジタル信号化とは、音声を0と1のデジタル信号にすることです。これによってより多くの情報を、より綺麗に伝えることが可能となります。 三つ目は近年主流の、光ファイバーです。最大の違いは、上の二つは伝達に電気を使用するのに対して、この世で最も高速で移動できる、光を使う点です。専用のガラス線の工事が必要なため、安価だった銅線に比べて、回線の工事費が高価になってしまうという弱点もあります。

電話の発明と普及の歴史

人類初の電話は、アレクサンダー・グラハム・ベルによって、1876年にイギリスで発明されました。この技術は、翌年、当時明治10年だった日本に、早くも輸入されています。その後、日本産の電話機の開発期間を経て、1890年から満を持して、一般向けの電話サービスが開始されます。全国各地に、電話回線が次々に工事されていきました。戦後の高度成長も味方し、固定電話の加入者数は、ピークである1997年まで増加していきました。その後は、固定電話の加入者数こそ減少したものの、反比例するように携帯電話の加入者数が増加していきます。携帯電話は、電波によって無線基地局まで情報を送る以外は、従来同様に電話回線を使用しています。したがって、現在でも人類にとって、電話回線は無くてはならない存在なのです。